6月4日 岩手県盛岡市 つなぎ温泉愛真館

つなぎ温泉 愛真館
この町の温泉ホテルに釜石市の被災者が避難していると聞いて温泉ホテルに伺う。

今日からは作曲家の信楽順三先生も新幹線で駆けつけて下さり、先生のピアノ伴奏で公演を行った。

愛真館途中で信楽先生が「東北だから民謡を弾きましょう」と呼び掛けたら聴衆から「釜石小唄」がいいと皆さんで♪ここは釜石~宝の港と大合唱され、ワンコーラスを聞いた信楽先生は流石に作曲家。すぐに2番からは伴奏をされたのには会場内からどよめきの声とお年寄りの眼差しがキラキラと輝いた。

後で調べたら昭和5年に明本京静の作曲した新民謡であったが歌詞をすべて暗記しておられて生き生きと歌われる姿には慰問に行った我われが元気づけられた!!

カテゴリー: 東日本大震災復興応援公演   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>